輸入車レンタカーならグローバルオートレンタカー

0120-525-391
営業時間
10:00~20:00
年中無休

NISSAN – GT-R

車種名
GT-R
グレード
'2014 R35
Pure Edition
年式
平成26年5月
定員数
4名
ハンドル
排気量
3,800cc
馬力
エンジン:550PS
モーター:---PS
燃料
ハイオクガソリン
燃費
8.3km/L (10・15)
8.4km/L (JC08)
寸法
4,670/1,895/1,360mm
(全長/全幅/全高)

FUGA HYBRID

車種名
FUGA HYBRID
グレード
VIP
年式
平成27年9月
定員数
5名
ハンドル
排気量
3,498cc
馬力
エンジン:306PS
モーター:  68PSPS
燃料
ハイオクガソリン
燃費
---km/L (10・15)
17.8km/L (JC08)
寸法
4,980/1,845/1,510mm
(全長/全幅/全高)

NISSAN – FAIRLADY Z

車種名
FAIRLADY Z
グレード
BASE GRADE
年式
平成27年2月
定員数
2名
ハンドル
排気量
3,696cc
馬力
エンジン:336PS
モーター:---PS
燃料
ハイオクガソリン
燃費
---km/L (10・15)
9.1km/L (JC08)
寸法
4,260/1,845/1,315mm
(全長/全幅/全高)

NV100 CLIPPER

車種名
NV100 CLIPPER
グレード
ハイウェイスター X
V セレクション
年式
平成28年9月
定員数
4名
ハンドル
排気量
658cc
馬力
エンジン:49PS
モーター:---PS
燃料
レギュラーガソリン
燃費
---km/L (10・15)
20.2km/L (JC08)
寸法
3,395/1,475/1,620mm
(全長/全幅/全高)

CIMA HYBRID

車種名
CIMA HYBRID
グレード
BASE GRADE
年式
平成25年7月
定員数
5名
ハンドル
排気量
3,498cc
馬力
エンジン:306PS
モーター:  68PS
燃料
ハイオクガソリン
燃費
18.8km/L (10・15)
16.6km/L (JC08)
寸法
5,120/1,845/1,510mm
(全長/全幅/全高)

NV350 CARAVAN

車種名
NV350 CARAVAN
グレード
DX 低床 ロング
年式
平成26年4月
定員数
3[6]名
ハンドル
排気量
1,997cc
馬力
エンジン:130PS
モーター:---PS
燃料
レギュラーガソリン
燃費
---km/L (10・15)
12.2km/L (JC08)
寸法
4,690/1,690/1,990mm
(全長/全幅/全高)

ATLAS

車種名
ATLAS
グレード
F24
年式
平成30年2月
定員数
3名
ハンドル
排気量
1,998cc
馬力
エンジン:130PS
モーター:---PS
燃料
レギュラーガソリン
燃費
---km/L (10・15)
8.8km/L (JC08)
寸法
4,690/1,695/1,990mm
(全長/全幅/全高)

SKYLINE HYBRID

車種名
SKYLINE HYBRID
グレード
350 GT Hybrid
年式
平成26年4月
定員数
5名
ハンドル
排気量
3,498cc
馬力
エンジン:306PS
モーター: 68PS
燃料
ハイオクガソリン
燃費
---km/L (10・15)
18.4km/L (JC08)
寸法
4,790/1,820/1,440mm
(全長/全幅/全高)

SERENA HIGHWAYSTAR

車種名
SERENA HIGHWAYSTAR
グレード
Vセレクション
年式
平成29年11月
定員数
8名
ハンドル
排気量
1,997cc
馬力
エンジン:150PS
モーター:---PS
燃料
レギュラーガソリン
燃費
---km/L (10・15)
16.6km/L (JC08)
寸法
4,770/1,740/1,865mm
(全長/全幅/全高)

SERENA

車種名
SERENA S HYBRID
グレード
20X
年式
平成26年44年先
定員数
8名
ハンドル
排気量
cc
馬力
エンジン:147PS
モーター:---PS
燃料
レギュラーガソリン
燃費
---km/L (10・15)
16.0km/L (JC08)
寸法
4,680/1,690/1,860mm
(全長/全幅/全高)
  • インプレッション

    "インフィニティ仕様フーガ"

    海外では「Q70」として販売されている、インフィニティエンブレムを装着したビッグマイナーチェンジ後のY51型「フーガ」です。

    エクステリアデザインは、初代からフロントとリヤのデザインを一新、海外販売のインフィニティ仕様となりプレミアムセダンの高級感とスポーティな躍動感が調和されており、その存在感が際立っています。フロントは、特徴的なシグネチャーを持つLEDポジショニングランプを備えたLEDヘッドランプと、立体感とシャープさを際立たせたメッシュのラジエーターグリルでプレミアム感と精悍さを表現。リヤデザインは、ヘッドランプと同じく特徴的なシグネチャーを用いた質感の高いLEDリヤコンビネーションランプ、新形状のリヤトランクリッドとリヤバンパーにより、ワイド感と安定感を表現したプレミアムカーにふさわしいデザインになっています。ボディカラーはプレミアムブラン、一見すると黒?にも見えるラメカラーでラグジュアリーな印象です。

    "快適空間"

    インテリアはマイナーチェンジ前から大きな変更はありません。前席のシートは上質で柔らかいながらしっかりとした座り心地のレーザーシート、後席も上質なクッションにロングホイールベースを活かした足元のゆとり、助手席の位置を最前までスライドすれば足を組めるほどの広さを確保できます。エアコンには「フォレストエアコン」を内臓、空気清浄機能はもちろん柔らかな空気が流れるシステム「ゆらぎ風」に湿度のコントロールやアロマ、と車内のリラックス効果を高めています。

    車内は遮音材の密度が高く静粛性は良好、時折アクセルを踏み込んだ時のエンジン音も心地良い室内空間となっています。

    グレードはオプションにリヤ電動サンシェードやフロアカーペット(吸音・消臭機能付)を装備した「VIP」です。

    "ドライブを存分に楽しめるパワーを搭載"

    エンジンシステムは3.5Lハイブリッド用「VQ35HR」エンジン(最高出力306馬力)と、モーター(68馬力)を搭載、リチウムイオンバッテリーを搭載し、出力特性にあわせて変速特性を最適化したマニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションとの組み合わせになっています。エンジン最高出力は306ps(225kW)/6800rpm、エンジン最大トルクは35.7kg-m(350N・m)/5000rpm、モーター最高出力は68ps(50kW)、モーター最大トルクは29.6kg-m(290N・m)、システム最高出力は364psとパワフルで好きな速度を好きなタイミングで出せるだけの能力、流石のプレミアムセダンです。

    "エマージェンシーブレーキが優秀"

    安全面には、全方位運転支援システムとして、スカイラインに世界で初めて採用したPFCW(前方衝突予測警報)をはじめ、約60km/hでも衝突回避が可能な「エマージェンシーブレーキ」(自動ブレーキ)等、最先端の安全装備を前方、側方、後方すべてに採用しています。また、「MOD(移動物検知)」機能を追加した「アラウンドビューモニター」も装備しています。時速60kmでもブレーキをかけてくれれば凡そ追突する心配は無さそうです。

  • インプレッション

    "アトラスF24(1.5t)入庫"

    居住性と機動力を備えた1.5t商用トラック、日産「アトラス」が入庫しました。

    全長は4.69m、荷台の長さはは3.1m、最小回転半径が4.4mとクラストップレベル、小回りが利いて乗り降りもスムーズに行えます。市街地での走行・運搬で高い機動力を発揮します。

    荷台の内寸法は3,100/1,610/380mm(全長/全幅/全高)。荷台材質は木星を採用、スチール製に比べて傷付きやすい荷物の運搬に適しています。

    "豊富な収納スペース"

    室内は大型収納ボックス付きのセンターシートバックトレイ、メータパネルやルーフにもトレイ、シート背面にはマルチBOXを設置して、ユーザーの環境に合わせて使える便利な収納スペースを搭載、カップホルダーには保冷機能も搭載しています。業務での利便性を追求したレイアウトになっています。

    "ドライブを存分に楽しめるパワーを搭載"

    エンジンシステムはDOHC水冷直列4気筒、最高出力は96kW(130PS)/5600rpm、最大トルクは178Nm(18.2kgm)/4400rpm、出だしにストレスを感じることもなく、パワフルな走りで運搬業務をサポートしてくれます。

  • インプレッション

    "充実の安全装備を備えたセレナハイウェイスター"

    2016年フルモデルチェンジを遂げたニューセレナ ハイウェイスターです。

    エクステリアデザインは、「Vモーション」と呼ばれるフロントグリルが最近の日産デザインの象徴で、他のモデルも統一されてきています。ノーマルタイプは「V」が浅く横ラインが1本なのに対し、ハイウェイスターの方が「V」が深く横ライン2本と差別化されています。ヘッドライトはLEDを装着、形状もプロジェクタータイプなのでスポーティーです。ボンネットとグリルラインに沿って上下2分割に配置され、切れ長でスタイリッシュな印象です。ハイウェイスターのフォグランプは四角い形状でノーマルタイプの丸目と区別されています。

    インテリアは同クラス競合車種よりもフロントエリアが広々、着座位置も高く視界は良好、Aピラーが細くなり斜め前の視界もしっかり見えるので右左折時の歩行者確認も見やすい、全面的に遠くを見渡せる開放感が素晴らしいです。またメーターフードのトップ部分が水平になっているデザインを採用し、よりスッキリした司会が得られます。

    後列はシートアレンジのバリエーションと乗り降りのしやすさが飛躍的に向上しています。2列目席は690mm超ロングスライド機構に2列目スライド機構はベアリング追加による操作性が向上、3列目席は120mmスライド機構と3列目席のヒップポイントが2列目席より30mm高めたことによる視界向上、さらにクラス最大長の3列目席シート座面。スライドドア部分のBピラーを50mm後方に移動したことによって乗降性向上、ハンズフリーオートスライドドア

    ラゲッジの特徴として、デュアルバックドア/樹脂製ハーフバックドアの採用で車体後方にスペースがない場所でも荷物が出し入れできます。

    "徹底した乗り心地を追求した理想的なファミリーカー"

    エンジンは2リッターエクストロニックCVTエンジンを搭載。エンジンは最高出力110kW – 150PS / 6000rpmの間で発揮、さらに最大トルク200N・m – 20.4kgf・m / 4400rpmまで発生、モーターが最高出力1.9kW – 2.6PS、最大トルクが48N・m – 4.9kgf・mとなっています。

    サスペンションは前後取り付け部とバックドア開口部の剛性を飛躍的に高め、ダンパーを大径化。特にハイウェイスターには高性能バルブを備える専用サスペンションを採用し、乗り心地を重視した設定となっています。パワステは先代より応答性を18%向上、さらにスライドドア下にシール材を、リヤホイールハウス内に吸音ライナーを貼りつけ、後席、特に3列目席の静粛性も向上、と乗り心地を徹底して追求しています。乗り心地はクラスベスト、段差などを乗り越えた時の振動減衰性能が高く、振動、ショックを一発で吸収。不快な振動や上下動が残りにくく、快適度が高いです。家族で愛犬も乗せてリラックスドライブが楽しめる事請け合いです。

    先代ユーザーの不満点のひとつだったカーブ、山道、高速レーンチェンジでの安定感も増しています。ハイウェイスターはステアリングを切った時の応答性が高まり、運転のしやすさを先代以上に実感しやすく、また、走りの不安要素となる前輪の接地感は劇的に高まり、ロールもより自然で穏やかなものになっているから安心安全です。自動ブレーキはもちろん、日産初搭載の同一車線内半自動運転支援機能のプロパイロット、クラス唯一の電子式パーキングブレーキの採用(足踏み式ではなくなった)、前車追従型アダプティブクルーズコントロールなどの安全装備の充実度、ガソリン車としてクラス最良の17.2km/リットルのモード燃費にも注目です。

  • ご利用料金

    • ※ 料金は地域、季節によって異なる場合があります。また、予告なく変更する場合があります。
    • ※ 主要車種のみ記載してあります。
    • ※ 貸渡車両は写真と異なる場合があります。
    • ※ ETCをご利用の場合は必ずETCカードをご持参ください。
    • ※ 禁煙車のご指定は無料です。
    • ※ 本料金表記記載事項は予告なく変更する事があります。
    • ※ 任意保険にご加入の場合、別途 1,080円/日(税込)必要となります。任意保険の詳細についてはコチラ
  • 事故時の保険適用について

  • 貸出時のノンオペレーション(NOC)について

  • フリーダイヤルで予約する

    申込みフォームから予約する